「韓国 ソウル置屋めぐり」 By へき

12月末にカジノ目的の為、ソウルに行ってきました。
場所が場所だけに写真はありませんがご勘弁を。
※注:写真はイメージでレポートとは関係ありません

1日目

午前便にて仁川空港到着。KALリムジンバスに乗って、明洞のロッテホテルへ。
今、キャンペーン中で、KALのWEBサイトから正規割引料金を購入するとリムジンバスの
往復が無料サービス。

この時期は旅行会社で取り扱っている格安航空券が値上がりの時期なので、PEX料金と
あまりかわりません。
1時間15分程で到着。ベルボーイが迎えに来るが、泊まりはここじゃないのね。
10分程歩き定宿の世鐘荘へ。
ここも最近はガイドブックにも紹介されるようになって値段がちょっと上がった。
ネットでも予約できるようになったし。
予約無しで入り一泊35000W。

http://www.seoulnavi.com/hotel/hotel.php?id=127

いつもはウォーカーヒルに直行だが、観光公社直営の新しいカジノが2軒出来たので
覗いてみることに。
地下鉄2号線三成駅5番出口を出て、右手にインターコンチネンタルホテルを見ながら直進
最初の信号機を右折(現代デパートが目印)、500mほど進むと右手に看板が見えてきます。
駅から10分ちょい。

http://www.7luck.com/jp/7luck/coex/map.jsp

玄関を入ると、無料のビリヤード、テレビゲーム、PC、ダーツ、フリードリンクが並んでいる。
子供は入れないので、ここで遊ばしておけ、という意味かな?
PCではネットが無料で楽しめます。
エスカレーターで2階へ。
雰囲気はサンズを小さくした感じ。
客もまばらで、3階もあるようだが閉鎖してた。
とりあえず挨拶代わりにルーレットへ、ミニマムが2500Wから。
ここがマカオと違うので、ちびちび時間をかけて遊べます。
2時間経った時点で、200000Wのマイナス。気分を変えるため、ディーラーに食事を頼むと
直接レストランに行けとの事。
で、レストランに行くと、テーブルで予約をしろと言われる、どっちやねん!

とりあえず席に付き、メニューを見る。
内容は定番メニュー。うどん・ビビンバ・カレー・キムチチゲ・ラーメン等など。
韓国のカジノはフリードリンク、フリーフードなので、元をとるためにもお腹は満腹にしましょう。
もちろんタダとは言っても気持ち程度のチップは上げるのが大人のマナー。
食後、再度ゲームに戻り、20時の時点で、500000Wのマイナス。
相性が合わないのだろうか。
とりあえず置屋の営業する時間になったので移動移動。

<千戸>(チョンノ)


画像提供:コイワカメラ

21時、地下鉄5号線千戸駅3番出口を出て道なりに直進。
最初の信号機を右折し100mほど左手に交番が見えてきます。
そこを左に曲がるとおなじみのピンクのネオンが。やはり閉まっているお店が多い。
開いているのは30軒ほど、外から姫(アガシ)が確認出来るので、ひとまずウインドウショッピング。
値段は一律70000Wと85000W、違いは時間らしい。
好みのロリ系のアガシを選び部屋へ、コースを聞かれ前者を選ぶ。
数分の会話後「服を脱いで外へ出て」との事。
????と思いきやシャワールームがあった。
ショートコースの割には丁寧に全身を洗ってくれる。
部屋で待つこと数分、洗い終えたアガシが戻ってきて全身ナメ。
乳首はもちろん、アナル、ヒザまで。
アガシにもよると思うが、ソウルでこんな経験は始めて。
正常位で合体。
結構満足、ちょっと前までは未成年が働いているとして有名でしたが、今は18以下は見当たりませんでした。

<龍山>(ヨンサン)


画像提供:コイワカメラ

23時、地下鉄1号線。
市内から一番近い置屋。
ここの凄いのは、なんと言っても駅からの近さ。
駅を出て通りを直進すると30秒ほどで左右に置屋街が。
囲いも何も無いので、子供には問題ないのだろうか?
お店の営業率はかなりよく、閉めてるお店のほうが少ない。
裏通りはマニアオススメの熟女通りなので自分はパス。
メインロードのみをウインドウショッピング。
好みのアガシを選び中へ。
値段はもちろん70000W。
ヘルスのようにおしぼりで息子を拭き拭きし合体。
屋台でおでんを食べ、宿へ。


画像提供:コイワカメラ

2日目

昼間は暇なので、無料の観光に参加してみる。
食事までついているので、やる事ない人には、まる1日つぶれるので、良い暇つぶしになります。

http://www.seoulnavi.com/miru/miru.php?id=956

観光が終わったのは19時。
お風呂好きの私はソウル駅裏にある健康ランドへ。
ここはかなーーーーーーーり施設が充実しています。
一日ここで過ごすことも十分可能。
マカオと違って飲食は別料金ですが、料金もお手ごろ。
休憩室があるのでここで泊まることも可能です。

http://jp.silloamsauna.com/main/main.asp

<弥阿里>(ミアリ)


画像提供:コイワカメラ

22時、地下鉄4号線吉音駅10番出口をでて直進5m、右手のラブホにあるようなのれんをくぐれば
・・・・夢の世界が・・・・・・・んんんんん・・・・無い・・・・・。
ピンクのネオンは?? 時間が早すぎた????
とりあえず通りを進む。
いつもならおばちゃんのタックル攻撃があるのだが、、、、無い。
おばちゃん(ピキ)がいることはいるのだが、声を掛けてこない。
仕方ないので自分からピキにお声がけ。
「アガシアガシ」わかったという表情で玄関の鍵をあけ、カーテンをあけてくれる。
よかった、ようやくアガシとご対面。
好みのタイプがいないので他店へ。
しかし、このシステムはウインドウショッピングが出来ない。
いちいち鍵を開けてもらいカーテンの中へ、又他店へ、その繰り返し。
時間が早すぎるせいもあるが、%でいうと、ここが1番打撃を受けていた。
とりあえずアガシを選び、宴会場へ。同じ70000Wでもビールとつまみがつくのがここの良さ。
複数で行くとおなじみの宴会芸が楽しめる。
今回は1人なので、飲み次第ベッドルームへ
24時以降に訪れればもう少し様子は変わったかも。

<清涼里>(チョンヤンリ・588)


画像提供:コイワカメラ

24時、地下鉄1号線清涼里駅5番出口。正面の路地を左へ進み、すぐ右折。
ファミマを越え左折。
そのまま直進ここはピンクのネオンがきらきら。
開いているのは3分の1ぐらいか、平均1店3人程。
いつものようにウインドウショッピング。
外は寒いのに、水着姿でドアを開け声を掛けてくる。
頑張るねぇ、モデルタイプの美人は一杯いたがロリ系は見当たらなかった。
妥協範囲で1発。もちろん70000W。
そのまま鐘路に行き宿へ。


画像提供:コイワカメラ

3日目

10時起床、荷物を整理し、帰国までウォーカーヒルへ。
ソフトドリンクはフリードリンクコーナーが出来ていた。
これならチップは不必要、ルーレットで1000000Wのプラス。
初日と差し引き500000Wのプラスにて終了。
ウォーカーヒルの方が自分には向いていました。
15時、KALリムジンで空港へ。
ちょっと早めに着いたので、チェックイン後地下のサウナへ。

http://www.geocities.jp/maaberu/k60102.htm

泊まることも可能です、トランジット時には便利かな。
その後、イミグレを通過しKALラウンジへ。
リポートを書こうと思えば、英語と韓国語しかわざわざ入力できないようになっている。
コントロールパネル開けないやん、、、、。夜、帰国。

こんな感じでした。規模ではミアリが最大なだけに、復活を望みます。
ちなみに70000W=9000円ほどです。

*管理人より
壊滅状態にある、と言われている韓国風俗のレポートありがとうございます。
取締りが厳しい韓国よりもビザフリーで訪問できる日本で短期で稼ぐアガシが多いのかな?と
思っていたのですが、皆が皆日本に来ているという訳ではないんですね。(当たり前か・・・)

※韓国の風俗は現在、取締りが大変厳しくなっていますので、遊びに行く時は自己責任で!

画像提供:コイワカメラ